合格率アップ!?宅建の効果的な学習方法3つのポイント

6月 19, 15 • 未分類合格率アップ!?宅建の効果的な学習方法3つのポイント はコメントを受け付けていません。Read More »

科目別に対策をしっかり練ろう

宅建試験で、勉強すべき科目は大きく3つありますが、それぞれに性格が異なっています。それぞれの科目の特性と自分の得意分野をしっかりと分析して、効率的勉強できるように時間配分するのが1つ目の大きなポイントとなります。すでに不動産業界にいる人は宅建業法はイメージしやすいので、なるべく時短で進める、法学部出身であれば民法で時間を稼ぐなど、やみくもに勉強するより、メリハリをつけることが合格への近道になることでしょう。

過去問題は10年分取り組む

宅建試験において、過去問題は超重要です。過去問題はインターネットで入手することもできますし、古本屋でも買うことができますから、できるだけ安価に済ませたい人でも、必ず手に入れてほしいところです。ごろ合わせを活用することと、増加傾向・減少傾向などの全体的な傾向をはあくするなど、こちらも丸暗記だけでなく、ちょっとした工夫でずいぶん楽になりますよ。スマホのアプリで、通勤時間や寝る前の少しの時間を活用して、とにかく暗記。

模擬試験はかなりおすすめ

実際の試験会場の雰囲気を感じ、さらに試験の時間配分を体感するためにも、模擬試験はぜひ受けてもらいたいものです。もし、通信講座などを利用する場合には、おそらく添削課題や修了試験などの名称で、模擬試験的なものがついてくるはずですから、これを利用しない手はありません。しっかり受けて、自分の弱点を補強したり、マークシートの記入ミスなどを本番に防げるように、取り組むことがおすすめです。ちなみに弱点を把握できればいいので、その結果はそれほど気にしなくて良いでしょう。

資格の専門学校やスクールなどで行われている宅建の講座は、専門の講師による講座のため非常にわかりやすい内容となっています。

Comments are closed.