通信制大学院のメリットデメリットとは!?

6月 6, 15 • 未分類通信制大学院のメリットデメリットとは!? はコメントを受け付けていません。Read More »

え?子育てママでも通学できる?

大学進学率が50%を超えた現在では、大学進学は当たり前となっています。そんな中、自分らしい資格や知識を身につけるために通信制大学院を目指す方が増えているのをご存知ですか?特に結婚し子どもを育てている主婦が一念発起して進学し、特定領域の専門知識を体系的に学んで資格を得たり、育児三昧という日常生活での息抜きや変化をつけるというふうに利用することが増えているんですね。一番のメリットとして、働きながらや、育児をしながら学べることにあると言えるでしょう。

原則自宅で学び、年に数回のスクーリング!

通信制大学院では、その名がつくように原則として自宅で学ぶことが基本です。そのため、子育ての空いた時間や、お昼休みなどに気軽に学ぶことができる点がメリットになっているんです。もちろん年に数回のスクーリングでは、在籍する大学院に実際に通い、朝から夜まで講義を受けることになりますが、その後は気の合う仲間で飲み会になっちゃうことも!?なにより、通信制大学院は在籍している人たちが多様なことや、目的が明確なので、大学時代とは違った出会いがあるため、刺激になりますし楽しいですよ。

通信制大学にもデメリットがある?

働く方でも、育児中のママでも学べる、いい事だらけの通信制大学院にもデメリットはあります。それは自分で意識して計画的に学ばないといけないことです。とりあえず進学した大学時代や、学校が指導してくれる高校とは異なる点ですよね。もうひとつ挙げるなら、地方によって専門書を入手することが難しい場合があることです。通信制大学院で学ぶのは専門的で体系だった内容であるため、地方に在住している方は東京などの図書館から専門書を取り寄せなければならないこともあるんです。

4年生大学を卒業した社会人がより深い専門的な知識を得てスキルアップしたくても、大学院に試験を受けて入学するのは難しいものです。通信制大学院は入試がなく、単位を修得すれば修士号を得ることができます。

Comments are closed.